プラセンタとは

プラセンタの成分

プラセンタには成長因子などの成分がたっぷり

プラセンタは胎児を発育させるための胎盤から抽出されたエキスなので、栄養成分が非常に豊富です。
タンパク質、ミネラル、活性ペプチド、アミノ酸、酵素、脂質、糖質、脂肪酸、核酸抗生物質、ビタミン、ムコ多糖体、成長因子…などが含まれています。

プラセンタのもっとも代表的な成分は成長因子

この中でプラセンタのもっとも代表的な成分といえるのが成長因子です。
これは自然界では胎盤にしか含まれていません。
この成長因子はさらに細かく次のような種類に分かれ、それぞれに異なる働きがあります。

EGF(上皮細胞増殖因子)

肌の新陳代謝の促進、皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞の増殖など。

FGF(繊維芽細胞増殖因子)

ニキビ跡の修復、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの増殖など。

NGF(神経細胞増殖因子)

自律神経のバランスの調節、神経細胞の増殖、更年期障害の防止など。

IGF(インシュリン様成長因子)

関節痛の軽減、軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖など。

HGF(肝細胞増殖因子)

肝臓病の改善など。

アミノ酸も非常に豊富です

プラセンタは成長因子だけでなくアミノ酸も非常に豊富です。
その中で肌の美肌効果に関わってくるアミノ酸には次の5種類があります。

アスパラギン

細胞が成長していく段階で角質層に必要となるアミノ酸で、髪の毛の材料にもなります。

チロシン

肌細胞の成長過程で必要となるもので、皮膚や髪の毛の黒色色素のもとにもなります。

セリン

NMF(天然保湿因子)を作るときに必要となるもので、皮膚の老化防止、発毛の促進などの作用もあります。
このセリンと上のアスパラギンとチロシンは、肌がターンオーバーが行うときにも必要となるとても重要なアミノ酸です。

プロリン

コラーゲンやNMFの材料になってシワやたるみを防ぎます。

アルギニン

コラーゲンの主な材料になります。

プラセンタとは」の関連記事

プラセンタRANKING