プラセンタとは

プラセンタって何?

そもそもプラセンタっていったいなに?

化粧品、サプリメント、ドリンクなどに配合されるプラセンタ。
美容や健康に絶大な効果があることでよく知られるようになってきましたが、このプラセンタとはそもそもなんなのか、ご存知でしょうか?

プラセンタは英語で胎盤という意味です。
そうです。
お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんが栄養を補給するためのあの胎盤です。

赤ちゃんの成長は胎盤のおかげ

私たち人間を含めた哺乳類は、精子と卵子が出会って受精卵となり、
子宮壁に着床してからものすごいスピードで細胞分裂を繰り返して体を作っていきます。
胎盤はこのときに重要な役割を果たしています。
母体から必要な栄養や酸素などを取り出して赤ちゃんに送ります。
さらに「成長因子」という成分を生成して細胞分裂が正確に行われる手助けをしているのです。

プラセンタは大人にとっても効果絶大

プラセンタが化粧品、サプリメント、ドリンクに配合されるようになったのは、豊富な栄養素の他、この「成長因子」に目がつけられたからです。
成長因子は細胞の表面にある受容体にアクセスし、分裂が適切に行われるために必要な情報を伝達します。
この情報が伝達されなければ、細胞は正常に分裂することができません。
また、成長因子は抹消の毛細血管まで作り出します。
それでいてガン化した細胞は増殖させないという研究結果もあります。

プラセンタの成長因子のこのような効果は大人が摂取しても得ることができます。
細胞分裂が正常に行われるようになることで、肌がきれいになったり、体の調子が良くなったり、活力が湧いてきたり…というようなさまざまな効能が得られます。

用途によってさまざまな種類と活用法があります。

化粧品やドリンクに配合されるプラセンタは胎盤そのものではなく、成長因子やその他の栄養素を抽出したものです。
主に馬、豚、羊、海洋性、植物性などのものが使用されますが、ヒトのプラセンタも医療目的に限って使用されることがあります。

プラセンタとは」の関連記事

プラセンタRANKING