原料別比較

豚プラセンタ

プラセンタの原料は豚のものがもっとも一般的

化粧品、ドリンク、サプリメントに使われるプラセンタは豚由来のものが一般的です。
以前はヒトや牛のものがもっとも多く使われていたのですが、狂牛病や原材料の不足などの問題が起こり、それらに代わるようにして豚プラセンタが使われるようになりました。

人間との相性も良い

豚プラセンタがヒトや牛のものと比べて効果が劣るかというと、まったくそんなことはありません。
最近ではアミノ酸の含有量が豊富なことから馬プラセンタが脚光を浴びるようになってきましたが、人間の体に馴染みやすいのは豚プラセンタの方だと言われています。
馬ほど定評はありませんが、美容や健康の面で大きな効果を発揮してくれます。
しかも豚は臓器移植にも使われることがあるほど人間の体との相性が良いのです。

ワクチンや薬剤の影響がないとは言い切れない

豚プラセンタは徹底した品質管理の下で育てられたものを選ぶようにしましょう。
豚は一ヶ所に大量に集められて飼育されることが多く、飼育環境の面で伝染病にとてもかかりやすくなっています。
それを防ぐためにさまざまなワクチンや薬剤を投与されているのですが、それらが胎盤に与える影響がまったくないとは言い切れないからです。

安心なのはSPF

原料としてもっとも安全性が高いのはSPF豚です。
これは日本SPF豚協会が認定した管理方法に基づいて徹底した衛生管理の下で育てられた豚のことです。
農薬や抗生物質は一切使っていないので安全性が高く、原料面で安心できます。

また、通常のものは雑菌処理の過程において胎盤の有効成分の一部が破壊されてしまうという問題がありました。
しかしSPFのものならば、そもそも有害な菌が発生しないように厳重に管理されて飼育されるため、この雑菌処理が通常のものよりも少なくてすみます。
このようなことから安全性だけでなく、効果のほうもSPFのほうが通常のものよりも数倍高いと言われています。

原料別比較」の関連記事

プラセンタRANKING