原料別比較

植物性プラセンタ

植物性プラセンタっていったいなに?

プラセンタは哺乳類の胎盤から成長因子などを抽出したエキスのことですよね。
一部に「植物性プラセンタ」と呼ばれているものがありますが、植物にはもちろん胎盤なんてものはありません。
だから、科学的にいえばこの植物性プラセンタという言い方は正しくないことになります。
それでは、植物性プラセンタとして売られている成分はいったいどのようなものなのでしょうか?

胎盤ではなく胎座が配合されています

植物には胎盤はありませんが、それと同じような働きをする組織はあります。
それが胚の若芽の中心部にある「胎座」という組織です。
この胎座は植物の実が成長するのに必要な成分がぎっしりと詰めこまれています。
そして植物性プラセンタには芽が細胞分裂を起こす初期の段階に抽出したエキスが使用されます。
動物性のものと同じように栄養価はとても高く、特にアミノ酸が豊富に含まれていますので肌のシミやくすみを抑える美白効果などに優れています。

植物性プラセンタは安全性に優れ、飲みやすい

植物性プラセンタの良い点としてまず挙げられるのがその安全性です。
動物性のものでも大きな副作用の報告はありませんが、植物性のものならならばさらに安全性は高くなります。
それと、ドリンクの場合、とてもあっさりしていて飲みやすいというのもあります。
動物性プラセンタのドリンクは味にどうしてもクセがありますが、植物性のものはこのようなクセがありません。
それが苦手で挫折してしまったという方はぜひ植物性のプラセンタドリンクを試してみてください。

アンチエイジングの効果はありません

悪い点は植物性プラセンタは動物性のもののように成長因子を含んでいないということです。
この成長因子というのは細胞分裂を正常に素早く行わせる働きがあるものですので、「成長因子が含まれていない」=「アンチエイジングの効果がほとんど期待できない」ということです。
アンチエイジングに重点を置くならば、動物性のものを選んだほうがいいでしょう。

原料別比較」の関連記事

プラセンタRANKING