原料別比較

羊プラセンタ

羊プラセンタは人間の体にとても馴染みやすくなっています

羊の胎盤は人間のものと近く、特にアミノ酸組成は非常に似ています。
そのため、そのエキスを抽出したプラセンタは人間の体にとても馴染みやすく、免疫反応が起こる可能性も少ないと言われています。

特にシミやシワに対して効果的

羊プラセンタには良質のプロテインと30種類以上のアミノ酸が含まれています。
乾燥しがちな目元のシワ、ほうれい線、シミなどを改善する美肌効果が特に高くなっています。
肌への浸透力も高く、他のプラセンタよりも早く効果を実感することができます。
マドンナやエリザベス・テイラーなどのハリウッドスターも愛用していることで有名ですね。

日本ではあまり使われない

けれども、日本で作られる化粧品やサプリメントには羊プラセンタが使われることはあまりありません。
どうしてかというと、羊にも狂牛病と似たスクレイピーという致死率の高い伝染病があり、日本政府から、スクレイピーが発生している国やそのリスクの高い国を原産国とした羊を原料として使用しないようにというお達しが出されているからです。

羊は抗生物質の投与の必要があまりありません

しかし、スクレイピーは人間には伝染することのない病気です。
それに羊は病気に対する抵抗力も強く、抗生物質の投与の必要もあまりないとされています。
そのため他の動物を由来としたプラセンタよりも安全性には優れているのです。

特にニュージーランド産のものは安全

羊の中でも特に安全性が高いのがニュージーランド産のものです。
農薬をまったく使用していない広々としたニュージーランドの大草原に放牧し、飼料も厳選したものだけを与えて飼育しています。
そういった牧場の徹底した管理のもとで出産した羊の胎盤からプラセンタエキスを抽出しているので、安全性にはまったく心配がありません。
他に商品としては少ないのですが、スイス産のものも安全性に優れていると言われています。

原料別比較」の関連記事

プラセンタRANKING