プラセンタの副作用

プラセンタアレルギー

プラセンタで痒みなどのアレルギー反応が起こることも

プラセンタは厳しく品質管理されており、安全性にとても優れていることで知られています。
しかしごくまれにアレルギー反応を起こしてしまう方もいるようです。
症状としては肌に痒みが出たり、湿疹が出たりすることがあるようです。
ただし、このような症状が出ても、ほとんどの場合は数日程度で治まりますので、それほど心配の必要はありません。
これまで重篤な副作用に至ったという報告は一度もありません。

またこのようなアレルギー反応がプラセンタ単体で引き起こされているのか、それとも他の成分と組み合わさって引き起こされているのかは、今のところはっきりと解明されていません。

体が弱っているときにアレルギー反応は出やすい

プラセンタでアレルギー反応を起こしてしまうのは、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー持ちの方だけかというと、まったくそんなことはありません。
健常な方でも体が弱っていたり、免疫力が低下しているときに摂取すると起こりやすいようです。

もし心配な方は体の調子の良いときにプラセンタを始めるようにするとでしょう。
体の調子の悪いときに始めてアレルギーを起こしてしまうと、症状が治まってからも体をそれを覚えていて、次に摂取したときにもまた同じような症状が出てしまうことがあるようです。

そのような場合はプラセンタを動物性のものからアレルギーの心配のない植物性のものに切り替えてください。
ただし、植物性のものには成長因子が含まれていませんので、動物性のようなアンチエイジング効果は期待することができません。

プラセンタでニキビが悪化することも

アレルギー反応とは別にプラセンタで肌のニキビが悪化してしまうことがあります。
これは肌のターンオーバーの活性化によって起こるもので、その後、ニキビが治まっていくか、それともずっと続くかはその人のお肌の状態によって変わってきます。
もともとニキビ肌の方はアレルギーが続いてしまうことも多いようですので、プラセンタの使用は止めたほうがいいかもしれません。

プラセンタの副作用」の関連記事

プラセンタRANKING