プラセンタの副作用

プラセンタと狂牛病の関連性は?

プラセンタで狂牛病に感染する心配は今はありません

以前は化粧品などに使用されるプラセンタは牛由来のものがほとんどでした。
しかしその後、狂牛病の問題が発生し、厚生労働省から2001年3月12日以降、牛由来のものは使用してはならないという通達が出されます。
ですので、現在利用されているプラセンタは全て牛由来のものではありません。
そのためプラセンタの使用によって狂牛病に感染するような心配はまずありません。

原因は異常化したプリオン

狂牛病のはっきりとしたメカニズムはまだ解明されていません。
プリオンという細胞タンパク質が異常化したもの(病原性プリオン)によって起こるのではないかとされています。
異常化したプリオンはタンパク質分解酵素でも分解されにくい性質がありますので、神経細胞内に蓄積されていきます。
そして、その結果、神経細胞に変形をきたしてしまうのではないか、と考えられています。

しかし、実験の結果などから狂牛病に感染した牛の肉を食べても、人間に感染する可能性はとても低いと見られています。
異常化したプリオンが健康な人の体内に吸収されてもただ排泄されるだけだからです。
化粧品などによる皮膚からの摂取だと感染の可能性はさらに低くなります。

プラセンタ注射も心配ありません

これまで国内でも海外でもプラセンタ注射によって感染症に罹患したという報告はありません。
というのもプラセンタ注射の場合は安全性により万全を期すためにヒト由来のもののみが使用を許可されているからです。
出産されるお母さんの血液を検査してウイルスなどに汚染されている可能性のないものだけを使用しています。
さらに最終工程では念には念を入れて高圧蒸気殺菌を行い、何重もの安全対策を実施しています。

しかし、それでも理論上は感染の可能性はまったくのゼロではないので、プラセンタの注射をしたことのある方は献血ができなくなります。
また、体質によっては注射後に発熱や発疹の症状が出る方もいるようですが、これは一時的なものですぐに消失するケースがほとんどです。

プラセンタの副作用」の関連記事

プラセンタRANKING